さて終了したけどさ

旅路の晩ご飯まで終了して、第一稿の時点で299ページ。
うん。やっぱり番外編を入れてるページ数がなかったわ。
しかも晩ご飯、ちょっと私が想像してたみたいな軽い話になってない。
でもまあ、突っ走っちゃってあまり出てこなかったアンナの感情が書けて面白かったかな。

それにしてもまぁ……何だかんだ言いつつこのシリーズ、あと番外編だけしかないんだなぁ。
この先を書くとしたら同人誌の同人誌になっちゃうからね。
頭の中にはしっかりとここから先20年分の四人の話がきっかり出来上がってるけど、
連続して書くネタじゃないから書かないし。
あ、この先30年ぐらい後なら戦記が書けるかも……って、おっさんのフランツとか
グレイグ書きたくないな。しかも超堅苦しいおっさんフランツ。考えただけでも無理。

とにかく、これから一年ぐらい掛けて過去の話を書けるか考えよーっと。

ところで、オフセットって、どうやって作るんだろう。
同人生活20年だが、全てコピーか自宅製本ですませてきた私には、けっこう難題だわ。
ちゃんと冬コミで出せるといいな。早めに入稿して割引になればなおいいな(^^)



ここ数日の読書

昔僕が死んだ家/東野圭吾

失われた女性の過去を廃屋に求めるという、登場人物が二人だけの
謎解き物。こういう構成はかなり好き。やはり流石は東野圭吾。


分身/東野圭吾

SFサスペンス。
そっくりと言うよりも同一人物だと言ってもいい二人が、お互いの
生まれに隠された真実を探し求めていくのだが、そこに敵の手が迫る
という話。同じクローンを扱っているが、畠中恵と比べると相当に
現実感がある。二人に人物を交互に章立てしていくのもスリルが
ありつつ、先を読みたいと思わせるのだなぁ。
さすが推理作家協会会長。


シアター!/有川浩

原稿を書いてるときで、しかも演劇経験者だから絶対凹むだろうと
思って、発売日に買ったのに手に取ることを控えていた本をようやく
読んだ。うん。やっぱり凹んだ。
自分才能のなさに気が付いたら、一生懸命やってる振りで自分を騙して
そんで将来子供とか自分に言い訳するために『私も昔芝居をやっていてね』
とかって美しい過去を作っちゃうんだよね。今振り返れば劇団の最終
段階での自分はまさにその状態だったからね。
いま投稿してんのもそうだったらどうしようと思うと、自分の才能の
なさを噛みしめてしまう。本当に凹むな、この小説。


キケン/有川浩

軽いタッチで恋愛分なしの私好みの集団コメディ。
感想で書いてる人もいたが、ちょっと究極超人Rッぽい。
こういう駆け抜けてくというよりも突っ走れ!って話、いいね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかもとまさのり

Author:さかもとまさのり
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる