どこで道を……?

この間の録画しておいた、NHKのTR「ライトノベル作家 有川浩」をようやく見る。
中学生から、新井素子等のラノベにハマり、ずっとラノベを追ってきて、
それから作家を目指したという有川さんの言葉にふと思う。

私も同じようなルートを辿ったのだが……作風に相当な違いがあるのは何故?

なので自分の読書遍歴を見直してみた。

幼少時代……チャイルドブックを愛読。その他絵本多数。

小学校……三年生までに「なぜなに理科6年」までを読み切る。
     「ずっこけ3人組」にハマり、出ているだけ読み切る。
     4年生の時、江戸川乱歩の明智小五郎と少年探偵団と
     運命的な出会いを果たす。おどろおどろしさが大好きだ。
     あと外国の翻訳物の少年探偵団的なシリーズを読みまくったな。
     背表紙が、鍵マークで統一されてるの。あれ、何ていったっけなぁ……
     と同時に赤川次郎の幽霊シリーズから全部を読み始める。
     図書館を読み尽くす勢いで読んだ覚えが。
     5年~6年の時は、西村京太郎と山村美砂を読みまくる。
     ライトノベルに出会う。
     きっかけは団龍彦の「ザ・学園超女隊」
     それから新井素子の「星へ行く船」太一郎さん……。

中学生……富士見ファンタジア文庫創刊。
       その第一冊目「レプラコーンの涙」(ソードワールド)と「風の大陸」1巻を購入。
       ファンタジーに魅せられつつも、ミステリも読み続けてる。
       ファンタジーでミステリでコメディな高井信の「デュダさんシリーズ」は未だにツボ。
       あ、無責任男シリーズも読んだな。考えて見りゃ、私のラノベ読書暦、中学生時代が
       ピークかも。それから田中芳樹の「夏の魔術」シリーズと「アル戦記」にも
       ここで出会ってる。母親が好きで全部買ってた。
       「銀英伝」は初っぱなが難しすぎて(というか面倒で)中学生には読めなかった。
       中三から高一になるの春休みに読んだんだけど。

おおっ! このまま行けば、有川浩っぽくなんない!?
……と思ったら、ここから私の道はずれるようだ。
ここで……出会っちゃったんだねぇ……。あっち系の同人誌に。

高校時代……田中芳樹系のイベントスタッフをやたから当然の事ながら田中芳樹に埋もれ、
         ボーイズラブ系を読み、ソードワールドを買い続ける。
         でも演劇を始めてから、舞台を見に行くから本を買う金が無くなっていく。
         それでも「ロードス島戦記」も高校時代に読んだなぁ。
         ミステリとしては、宮部みゆきと出会う。

専門時代……古城十忍、岩松了、鴻上尚二、成井豊、別役実、ニール・サイモン、
         ピーター・シェファー等々、手当たり次第に戯曲を読みあさる。
         小説を読むことから一番遠ざかっていた時期。 

フリーター……司馬遼太郎を読みあさる。だって龍馬が好きなんだもの。
         あとは……ポケモンやってたな。

旦那と交際……面白いミステリは無いかと尋ねると、綾辻行人がおすすめといわれたので
          読んでみた。完全にノックアウト。あのトリックの鮮やかさは桁違いだ。
          以後購入して読む。
          横溝正史の「金田一耕助」シリーズも全部読む。旦那は映画のファンだが、
          私は原作にハマったため、自慢じゃないが旦那よりも金田一に詳しい。
          よく考えてみれば、横溝正史の由利先生物をまだ極めていない。

結婚後……ラノベから離れ、BL系からも離れて幾年月。
       もうBLは恥ずかしくて読めないし、ラノベもなんとなく見た目萌系で買いづらかったから、
       自然とミステリに戻る。
       江戸川乱歩、横溝正史、綾辻行人、京極夏彦、篠田真由美、森博嗣、高橋克彦、
       宮部みゆき、有栖川有栖、東野圭吾、瀬名秀明、エラリー・クイーン、アガサ・クリスティなど。
       ラノベ系統では
       茅多砂胡、有川浩、時雨沢恵一、多崎礼などなど。

やはり同人誌の世界に行っちゃった時点で、道を誤ったらしい。
今は書くことも見ることも拒否のBL系を読めて書けたんだなぁ、自分。
何だかその頃の自分が他人のように感じる……(遠い目)
でも今も紫宸殿の同人誌は読める! しかも泣く!
……このへんが離れきっていない証拠?

でもよく考えてみると、子供の頃から乱歩のおどろおどろしい世界に
惹かれ、大正と昭和初期の闇に憧れ、しかも山村美砂の濃厚な濡れ場が
あったりもするミステリを小学校の時点で読みあさっていた時点で、道が違うのかも。
私はどうしても闇に惹かれるらしい。
そのくせ自分のキャラたちは、異常に陽気だったりする(内面は暗いが)

今気が付いたけど……有川浩さんと私の作風の違いは
主人公たちが理論的で前向きか、後ろ暗くてすぐ落ち込むか
が一番大きいような気がする。
つまり私には、作風にさわやかで明るい所がないのか!?

……これって作者の性格の違い?
じゃあ、どうしようもならないよな。手遅れだよ……orz


それから今ネットで調べて知ったんだけど、「ザ・学園超女隊」の作者
団龍彦氏が2005年に亡くなってた。全然知らなかった。
私をラノベの世界に引き入れてくださり、ありがとうございます。
ご冥福をお祈り致します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかもとまさのり

Author:さかもとまさのり
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる