ただいま燃え尽き中。

毎度毎度の事ながら、夏コミの長編原稿が終わったから、燃え尽きております。
一ヶ月で330ページ書いたんだから、少々呆けていてもいいかな。
でも製本作業が大量にあるから何とかしないとならないよなぁ。
それに書き終えたとはいえ、まだ誤字脱字チェックと伏線間違いチェック
してないし、完全に終わったとは言えないんですよねぇ……。
それから、CNとGA落ちした長編一本を新刊でだそうと思ってるから、こっちもチェックしないとね。
あ、新刊の表紙をつくんなきゃ。

やることは山積みだなぁ……。
でもどうしてもやる気のない私なのでした。
今週一週間で立ち直らないと、間に合わないぞ。頑張れ私。

あ、へたくそなイラストも一枚描かなきゃ……onz


本日の読書

スカイ・イクリプス/森博嗣

skye.jpg


綺麗だ
濁ったものはここにはない。
なにもかも、
消えてしまったから。
美しい。
空しかない。

透明カバー(森博嗣さんいわく、帯)にあるいつものコピー。
毎回載せていたから、今回も載せてみた。

この夏映画化される『スカイクロラ』シリーズの最新刊で短編集。
収録作品
ジャイロスコープ/ナイン・ライブス/ワニング・ムーン/スピッツ・ファイア
ハート・ドレイン/アース・ボーン/ドール・グローリー/スカイ・アッシュ

ラスト三編以外は、ヨリモとCN25周年記念本に収録されたもの。
どちらも読んでいたから、書き下ろしだけ読もうと思ったけれど、結局最初から全部読む。
何となく今まで遠くにあった何か漠然とした物が、手の中に収まりつつあるような、そんな気持ちになった。
でもやっぱり自分の中で何らかの結論を出すために、もう一度読み直したいなと思う。

このシリーズも押井監督も大好きなので、何となく不安。
あのどうしようもなく透き通った死と空と美を、押井監督はどう表現するのだろう。脚本はせかちゅーの女性だと言うしな。
う~ん、見てのお楽しみ……だよね。


ローマ帽子の謎/エラリー・クイーン

ro-ma.jpg


エラリー・クイーンの国名シリーズ第一弾。
上演中の劇場で、悪徳弁護士が殺された。事件発覚と同時に封鎖した劇場から逃れられた者は一人もおらず、被害者が殺された以降に劇場を出たものもいない。大勢の観客を劇場に引き留めて捜査するものの、何の手がかりも得られないクイーン警視。そして一番重要な手がかりといえる、被害者のシルクハットが、忽然と姿を消したことにクイーンの息子、エラリーが気が付く。劇場のどこからもでることの出来ないはずだったシルクハットはどこに行ってしまったのか、そして観客全てに見られる可能性がある中、彼を殺せたのは誰なのか。

という話。
今回は読者への挑戦で、謎とトリックが解けて嬉しかった!
やったぞ! 分かったぞ! って感じは久し振り。
大体最後まで、むぅ……分からん! とかって唸ってるからね。
短編とは違って、エラリーの周りの人々が詳しく書かれていて面白かったわ。というより、エラリー・クイーンの引退後の生活から始まるとは思いも寄らなかったよ!
だって初っぱなからエラリー&クイーン警視はイタリアの田舎町に隠棲してるし、エラリーは結婚して子供がいてあやしているし、当然ジューナとエラリー夫人が家事しているし!
いや、それはさておいても、禁酒令時代のアメリカがどういう状況なのかが、殺害のトリックにも絡んできていて面白い。あの時代のアメリカを知るには、映画くらいしかないと思ってたけど、こういう形で知るのはとっても新鮮。
でも、ジューナが19歳というのに、微妙に無理がある気が……。
いや、19歳であの無邪気さで、しかもあのクイーン警視への懐きよう、
怪しいっすよ! JETさんが漫画化するときに、ジューナを10歳位にした理由がちょっと分かりました。
やっぱり翻訳物を読むのは通常のミステリを読むのの三倍以上は掛かるね!
実はこれを読んでいる最中に、茅多砂胡×2、柏葉幸子×2、
スカイイクリプス、を読んでたりするんだよね。
有栖川有栖さんが、エラリー・クイーンを訳してくれていたら、こんなに嬉しいことはないのになとか思ったり。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかもとまさのり

Author:さかもとまさのり
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる