箱詰め作業

記念本準備号の印刷・製本が終わったので、箱詰め作業をした。
段ボール一つにまとめようと思ったら、12号の段ボールいっぱいになってしまい、軽く25キロを
超えそうになったので、観念して段ボール二つに分ける。

……びっくりするのだが、これだけ荷物があるのに本の冊数は結構少ないのだ。

当然、無料関係の60冊(目録&お試しが30冊、記念本準備号が30冊)を除く。
すると、本の総数は70冊くらいのものなのだ。当然その内訳のほとんどがシリーズ物である。
まあ、コミティアで売れる! という期待は全くしていなくて、今回はお目当てのサークルさんの
新刊が数冊あるからそっちを買うのをメインで。

とか何とかいいながら、売れたらいいな~なんて思ってたりしてね。

さて本日から記念本本編に取りかかることに。
今年はどうやら投稿物は厳しいようだ。
同人誌に追われつつ、資料は読んでおかんとならんな。


本日の読書

月読/太田忠司

tuki.jpg


人が死ぬと必ず現れる、死者からのメッセージ「月導」現実に存在する物体や減少として現れるその「月導」を読むことが出来るのは特殊な能力者「月読」である。「月導」から事件の真相を追う刑事と、月読。そして夜中にクラスメイトの自殺未遂を目撃してしまったことから奇妙な事件に巻き込まれてしまう高校生。この二つの全く別々な事件が、「月導」と「月読」によって複雑に絡み合っていく。

というお話。

前に予告していたとおり、太田忠司を読み始める。新宿少年探偵団は全巻あるから、ミステリの方を……と思ったけど手に取ったのは半分ミステリみたいな感じ。でも真相に迫っていくところは、間違いなくミステリだった。人が死ぬと必ず現れる「月導」が、明確なダイイングメッセージではなくて、死ぬ直前に気にかけていたことであるという事が、ダイイングメッセージものとはひと味違う感じで面白かった。
でも出来れば次は、狩野くんシリーズを読みたい。



そうそう全然関係ないけど、今年は有栖川有栖先生、20周年記念だそうです。
20周年&お誕生日おめでとうございます。有栖川先生!
今年は是非、作家アリスシリーズの長編を!!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかもとまさのり

Author:さかもとまさのり
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる