何らかの感染症。

ようやく悪夢の冬も終わり、暖かくなってきたから風邪とかもう引かないよね!
……とか思ってたら、子供がまんまと感染症を持ってきた(T_T)
39.7度とかいうしゃれにならない熱を出し、吐くし、食べられないし、
咳き込むし、鼻垂れる息子。一日中うとうとしてるのに、
目が覚めて私が隣にいないと泣いて探し回る息子。

そんなわけで先週一週間は、看病&奴が家にいるから原稿書けず。
ようやく先週の金曜から幼稚園に行ったと思ったら……

私が感染症貰って原稿書けず……(T_T)
本日ようやくPCに向かってる有様です。
やれやれ。
夏コミは間に合う自信があるが……

C☆NOVELS大賞に間に合う自信は全くない!!!!

誰かおいらに二十代の体力と、健康をおくれ……orz

そういえば日本ファンタジーノベル大賞は、最終に残ってたら、
今週中に電話がくるって話だ。
今週はもう一日で終わるなぁ……(苦笑)


最近読んだ本

宇宙の戦士/ロバート・A・ハインライン

設定と軍の機動歩兵のシステム、兵隊の悲哀はよく分かった。
でも私はどうもSFに物語がないのは苦手だ。
だからこれは苦手な分野。せめて何らかの盛り上がりとか、
これがあったからラストまで読んで良かったよ!
と思うものが欲しい。


新世界より 上・中・下/貴志裕介

アニメになっても静岡でやらないから気になっていた作品。
SFであり、ファンタジー。
日本でファンタジーをやるには、この手があったかと。
しかも私の好きなSFの上にファンタジー設定。
一人の少女に視点を固定し続けるところはミステリだけど、
それによって疑問や謎が少しづつ明らかになるところは、
さすがという感じ。それにしてもハダカデバネズミとは。
げっし目好きだから知ってたけど、そうじゃないとなかなか出てこないよな。


探偵は吹雪の果てに/東直己

ススキノ探偵シリーズ、第6作目。
5作目から時間が十年以上経過していてびっくり。
突然主人公が、若者から中年に!!!
たぶん前作から時間が空いたから、設定を書きやすい
現在にしたのだろうなと思わせられる作品。
田舎町で起きた殺人事件と、その地を暴力で押さえる政治家という構図。
続きを読みたいような……重苦しいからしばらく休憩のような。


丕緒の鳥/小野不由美

待ちに待ってた『十二国記』の最新刊で、新作短編。
yomyomで読んだ時は『もういい、もう読みたくない』
と途中で投げ出しかけたんだけど、今回はすんなり読めた。
きっと結構改訂しているんだろうなと、勝手に思ってたり。
特に二本目、落照の獄は辛かったけど、今回は理解できて良かったわ。
それぞれ王に関係ない一般の官の物語だけど、それが現実的で良かった。
やっぱり本当に物語り設定が深いよな、十二国記。
でもでも、早く泰麒の話が読みたいよう。
新作長編は、戴の話だといいなと思うも、新作短編から推測したら、
何だか難しい政治的な話になりそうで、戴の話は期待できないかなぁ。

それにしてもこれを読んでから自分の作品を読み返すと……

底の浅い話だこと! と自分に突っ込んじゃうぞ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかもとまさのり

Author:さかもとまさのり
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる