冬コミの新刊?

ええっと、前に書いたRー18な話、文庫版が出来るぐらい
短編書いたら出すかもとか言ってたけど、なんだかんだで
書きたかった短編をもう2本書いてみたら、
文庫一冊分になっちゃいました……。

そして気がついた大問題。

ん? んん?  きゃ~っ!!!!

前に書いた『10th アニバーサリー』の内容間違ってるんですけど!!!
初っぱなで出てきた『出会って10年、結婚して5年』という記述、
よくよく考えたら、出会って10年、結婚して3年でした!!
『10th アニバーサリー』の内容でいくと、つきあい始めてから
2年半で結婚してることに!
1年3ヶ月はリッツ、国外に行っちゃってるから、シアーズに帰ってきてから
すぐ手を出しちまったことになってる!
違うよ! それじゃあまりにリッツのこらえ性がないでしょうよ(T_T)

あ~、どうしよう……。

仕方ない……かな? えへ。ごめんねごめんね~(まだU字工事か!)

ま、それはおいておいて(いいのか!?)

今回書き上げたのは3本。年代順に書くと……

Go to the Camp!~キャンプに行こう!~

15巻終了の約一年後。軍特別士官学校地獄のキャンプの話。
ジョーの視点で書かれた初めての話。フランツ書くのに
マスタング大佐にならないよう苦慮したわ(T_T)


OneDay a certain Night~ある日、ある夜~  

終了後2年半後の話。アンナに手を出さないために娼婦を
抱いていたリッツ。でもそれがアンナにばれてしまう。
口げんかからリッツは、アンナを路地で襲いかけてしまった。
でもアンナには、リッツが何をしたかったのかやはり分からず、
二人の中はどんどんこじれてしまう。
完全にリッツ×アンナの話になってます。リッツ、本当に
情けなくて馬鹿で、作者も『アンナ、本当にこいつでいいの?』と
確認してしまうような話になってしまいました。


End of a long journey~長い旅路の果てに~

終了後約3年から4年の話。大剣を託し傭兵から足を洗うため
戦場に向かったリッツは、そこで大望を抱いた青年に出会う。
一方アンナは、医術を学びながらリッツを待ち続けるしかない。
そんな二人が再会したのは……卒業ダンスパーティだった。

リッツとアンナの恋愛は、この話で完結します。
今後もこの二人は物語の主人公として出てくる予定ですが、
おそらく恋愛要素というよりも、ラブラブ夫婦という感じの
登場になりますから、『10th アニバーサリー』の終章のような
関係になるでしょう。
この二人のはにかみ具合とか、妙に照れているところなんかが
書いてて楽しかったからちょっと残念。

それからこの話は、実は今後に繋がる人物が初登場しています。
今未来の話を書きたいなと思っているのですが、その中でとある
国家の重鎮として出てくるだろう人で、数十年後には英雄と呼ばれる人物です。


って長い文章だなぁ。でもまだ続くよ。

ところで読者の皆さんに質問です。

あの……R-18と恋愛小説の境目ってどこでしょう?
だって結構激しいベットシーンがあるミステリ(最近多い)とかホラー
(綾辻行人の殺人鬼とか色々)は、一般でしょ?
ならさ、私が書いてる程度って、一般文芸だよねぇ
芥川賞よりエロくないし!!(私は金原ひとみにびっくりしたタイプ)
私、普通に中学で山村美紗のミステリのベットシーンを読んでたぞ?
(結構激しくて、どうしようかと思った(^_^;))
でもさ、そんな激しくないし、普通のHだし。
これ、どうしたらいいのさ?
冬コミの新刊にしても、R指定付けなきゃ駄目?
それとも普通に売れるもの?
漫画はやっちまったらやばいけど、小説ならかなり書いても、
オールOKな感じなのかしら!?

つうか境目どこよ!

教えて! 分かる人!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかもとまさのり

Author:さかもとまさのり
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる