ご無沙汰してたら年が変わってた……(^^;)

今更ですが、あけましておめでとうございます!

冬コミで当スペースに足を運んでくださった皆様、本当にありがとうございました!
数少ない読者の皆様には、私、さかもとは足を向けて眠れません!
シリーズは完結し、オフセットは原稿サイズを間違えて入稿するようなやつですが、
今年もよろしくお願いいたします。


さてさて今年の目標は、HPの大幅改訂と、投稿小説を2本と、新シリーズの立ち上げかな。
あみぐるみもちょこちょこやっていくので、その辺と合体してちょっと真面目にブログを更新したいものです。
さすがにひとつき以上書かないのはどうかと。

それから今年は投稿イヤーです。とりあえず色々考えて、今年は『日本ファンタジーノベル大賞』に
当たって砕ける予定。でもって今度は真っ向勝負で再び『C★NOVEL大賞』に突撃!

電撃もメディアワークス大賞ができてから少々捨てがたいけど、私が書きたい物は何だろうって考えた時に、
きっと売れるラノベじゃないなと悟っちゃったよ。(一応ネタはあるけど)
それにもう三十も半ばで二人の子持ちとくりゃ、のんびりまったりラノベ作家を目指すもないもんだ。
直球で『作家目指します』とか何とかいって突入する以外、私に何の道が残されてるんだ?
だとしたら、難しくってもレベルが高くても、高卒でも専門中退でも、文学賞を目指すっきゃないもんな。
ここまで来たなら腹くくれって事だな。
目指せ、不惑の四十代。


ここ最近の読書

葉桜の季節に君を想うということ/歌野晶午

やられた感満載。時折、?という記述はあるけど、あの大どんでん返しまでは気が付かなかった。
くっそ~、やられた! と幾度か前のページに戻されたり。幾度も読みたいミステリって、こういうこと?


向日葵の咲かない庭/道尾秀介

設定が少々気味が悪くて、何となくゾクリとしたまま進むミステリ。一番読みたいミステリの読者大賞をとった
作品らしく、面白いミステリなのだが、主人公の目に見えてる世界の存在が一番のミステリな気がする。


空の彼方1.2,3/菱田愛日

久しぶりに直球ストレートのファンタジーに心が洗われた。
なごむわぁ……。ただ物事を素直に見つめていくだけでもいいから、楽で、でも暖かくて、私はこういうの
好きだけどな。そして益々読めなくなる、メディアワークス大賞枠の受賞条件……。


燔祭の丘/篠田真由美

建築探偵桜井京介シリーズ15冊目にしてついに完結。
……思ったよりもの凄く重苦しくはなかったよ。作者の日記を拝見していると、もの凄く重たい話になって、
みんな心からボロボロになるのかと思ってたから、ちょこっと拍子抜け。
っていうか、ラストまで読んでラスボス的な人物が登場したのに『へ? これでお終い?』ってな幕切れ。
う~ん……話は面白かったけど、ちょっとだけ物足りない感じ。それに今まで蒼のシリーズのみ一人称だった
のに、今回は蒼視点が全部蒼の一人称でちょっとびっくり。別に今まで通り蒼の視点で良かったのでは……。
でも心の動きを一番はっきり書けるのは一人称だから、狙いとしては分かるし伝わるけれど……。
後は唐突過ぎるネタ満載だったような気も。
でもまあ……これで本当に終わっちゃったんだなと実感すると少々寂しい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかもとまさのり

Author:さかもとまさのり
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる