総集編、分裂増殖中。

今日から行きつけの手芸屋さんの冬物処分セール。
編み物関係がみんなまとめてど~んと安くなるから、買いに行かなくては
ワンランク細いレース糸で、あみぐるみを作ってみたいからそれも買ってこよう。
上手く作れれば、夏コミ発売の15周年グッズになる予定。

ところで総集編の1巻を直していると書いたのだけれど、これが何だか大変なことになっている。
視点が変わっただけなのに、ページが10P以上も増えてる!!
理由はね、例えば今までは
『○○は黙ったまま無表情にこちらを睨んでいる』
という部分を、その○○視点で書き直すと、
『○○は心底腹を立てていた。□□などということはあり得なかったからだ。だがいえば更に相手の思うつぼだから、あえて言葉には出さなかった。その代わりに苛立ちを込めて、△△を睨み据える』
という長文になるから。
この調子で直していったら、増えた。ええ増えましたとも、びっくりするぐらいに!
どどど、どうしよう……。
でもでも、本筋の内容は全く変わっていません。本当です!

読者の方で、こちらが欲しいからよこせ、という方はイベント前にご連絡いただけると助かります。いつもは持ち込み20冊の所を、その分増やしていけるので。

無料交換しますよ、と言いたい所なんですが、原価がかかっているから半額でどうでしょう?
とか、こっそりいってみたり(^^;)


さてさてそろそろ同人誌原稿を切り上げて、本格的に投稿用小説に入らなくては。
投稿はラノベじゃなくて一般書籍だから、頑張ろう。
とにかく資料を読み切らねば。


本日の読書

オチケン!/大倉崇裕

資料が読み終わらなくて疲れてきたから、リフレッシュ。
……って、駄目じゃん。私。

滑り止めで受けた大学に目的もなく何となく入った越智健一が、色々な手続きを終えて帰ろうとした時、ある人物に呼び止められる。その人物の手には、越智の落とした名前入りの書類があった。
「君、いい名前してるねぇ」
その一言だけでその人物が越智を連れて行ったのは、『落語研究会』の部室だった。名前だけで落語研究会、オチケンに入れられた越智健一の運命は?
という話。
構成は中編2本。大学で起きる部室をめぐる攻防や、名門馬術部を陥れる陰謀を、落語を元にして素人の越智と、鋭い洞察力を持つプロ並みの腕前の岸が解き明かすミステリ。
落語ミステリシリーズと世界観が同じらしくて、出てくる落語家の名前が一緒。しかも落語ミステリシリーズで色々事件に巻き込まれた人の名前が名人として出てきたり。
面白かったけど、YA向きということで、やはりいつもの創元クライムの落語シリーズが好きだ。

さあ次は、そろそろ資料を一冊読み終えようね、私。
それから次の資料に……行く前に多分また大倉崇裕を読むのだろう。
ああ……onz
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

さかもとまさのり

Author:さかもとまさのり
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる