燎原第一稿、終了~(^^)/

悩みに悩んだ末、キリのいい240ページで終了する事に。
もう一戦闘書いたら350ページ超えちゃうし、時間ないし!

てなわけで、今回は『ファルディナ攻略戦』です。
でもって本編の中に出てきて、文庫版の帯にもなってた
リッツの重要な台詞がついに、この巻で出てきました(^^)
それを書くのに本編を引っ張り出してきて、
読み返しちゃったりして。
ああもう、この時にアンナがいれば!!!!!
とこの巻では何度もアンナの不在をもどかしく思ったりして。

だけど本編の中に出てくる、ある重要なシーンも
この巻に二つも!
どうやら私的に、この巻は重要な巻だったようです(人ごとか!?)

次までに次の戦略を作り直さねば!

……って、題名が思いつかない!!!!!
やばい! 題名が思いつかないとまた大変!!!
読み返しながら考えよう……。

というわけで冬コミに受かったら新刊は

燎原の覇者4 と 呑気な冒険者たち総集編7(最終巻)

となります。

あ~今月中に間に合ってよかった~。
来月はずっと編み物です(^^;)
スポンサーサイト

本気で先が見えない……(T_T)

現在、199ページ。
あと三分の一……のはずなのに、まだ先が見えてません(T_T)

ちょっと、ハンドメイドのイベント受かっちゃって
そっちの準備もあるのに、どうすんのさ、自分!

しかもあと100ページぐらいで
もう一戦闘とか無理じゃない?
戦術もこれから立てないとだし!

もしかしたらある場所まで書いたら小説を放棄して、
あみぐるみ作りに追われるかも。

あ、そういえば受けている講座の宿題で
エンデの『モモ』を読まねば!

ひ~っ!
時間がないよぉ~!!!


それでも読んだ本(笑)

シャーロック・ホームズの回想/アーサー・C・ドイル

相変わらすちょこちょこ読んでます。
一気に読む時間はないから、長編はいずれ。
短編だけ読むことに。
ちなみに今は『シャーロック・ホームズの帰還』を読んでます(^^)

だるすぎ……。

三連休なのにどこにも連れて行ってくれないと
嘆く子供たちをつれて、近所にある流れるプールに
行ってきた。
プールで足吊るし、体力がっつり持って行かれるしでへろへろ。
今も右足の親指と人差し指に違和感バリバリっす。
原稿書きたいのに、PCの前で居眠りする始末。

ああ、早く書き上げないと……。
ハンドメイドのイベントも迫ってくるよぉ~。

でもって燎原4は、現在112ページ。
あと少しで半分だ!
よし、何とか一月ちょいで書き上げられるか!?
と思ったけど、来週は幼稚園の行事とかで何かを忙しいな。
そして気がついたぞ。
この巻では話がちっとも進んでな~い!!!

戦場が三つ同時進行する書き方してる自分が悪いが、
この調子だと、燎原は全何巻になるのか想像付かなくなってきた(T_T)


本日の読書

シャーロック・ホームズの推理/アーサー・コナン・ドイル 訳 日暮雅通

光文社のシャーロック・ホームズ全集、全9巻の一冊目。
装丁素敵だし、何より単純に新訳が嬉しい!!
昔の訳文にこだわる読者には申し訳ないけど、小説は研究するより
楽しめてなんぼだと思うから、純粋に楽しむように作ってある
このシリーズは好感度抜群。当然意訳じゃなくて、全訳ですよ(^^)

タロット占い

この間、ハンドメイドのワンデーショップに参加しました。
同じイベントで、タロット占いの方がいて、占いを信じない
さかもとですが、久しぶりに占って貰いました。

「何について占います?」
「小説が来年公募に通るかを占ってください!
(ハンドメイドのワンデーショップ中)」
「え? 小説ですか?」
「はい。小説です!(さかもとの肩書きはあみぐるみ作家)」

というわけで戸惑う占い師さんに占って貰いました。

来年の小説に関する運勢は……

とてつもなくよくて、今まで迷ってたものが
すべて上手く回り始めるらしい……。
そんでもって、今までとらわれていたジャンルから離れて、
自由に書きたいものを書くのがいいらしい。
で、強い女性を主人公にしたものを、老人からめて書くといいらしいぞ。

……よすぎて信じるられない(おいおい)

だけどまあ、アドバイスに従って、今年は電撃をやめて、
4月はファンタジーノベルズ大賞一本に。
そして6月に岩崎ジュニア冒険小説大賞に、
そして9月はC☆NOVELS大賞に投稿しようかなと計画中。

もう一本児童文学系だろうというネタがあるんだが、
書き方によってはもろラノベ。
さてどうするかなぁ……。

そうそう。記録までに。

燎原の覇者4は現在84ページ。
四分の一ぐらいかなぁ~
まだまだ先が見えないぞ。

一眼レフ買っちゃった……(^^;)

ハンドメイド系の静岡ではちょっと名の知れたイベントに出るために、
奮発して一眼レフを買っちゃいました(^^;)
これから半年間、毎月月賦で支払いです。
いいもんいいもん。
来月は子供の運動会があるからいいもん!

で、試し撮りってみた。

一枚目~。
アートフィルターのトイカメラ機能を
使って撮った、エドとリッツのあみドール。

toycamera01.jpg


二枚目~。
背景ぼかしで取った、まいでぃあ~
じゃなくて、シャンクスとレイリー。渋好みっす。

syan01.jpg

まだまだ腕が追っつかないので、頑張って写真を撮ろう。

だってまだ、子供の写真が一枚もぼけずに撮れてないし(T_T)

その他の写真は、あみぐるみの方にアップしてます。

よかったら覗いてみてくださいませ。

あみぐるみ工房・のんき堂

地図書いた~

燎原4はやっとこさ40ページ。
11月に静岡でやる大きなクラフトイベントに
受かったので、早いとこ書き進めんと
間に合わなくなる~!!

とりあえず今回は……思い切り長いか、
いつもより短いかどちらかになると思われ。
と、とにかく書いてみなけりゃ分からんよ、という感じ。

そんでそろそろ本編に地名がバリバリ出てきているから、
地図を書かねばと、地図を書いてみた。
でもって、スキャナーにぶち込んでみた。

……スキャナー、新しいPCだと動かないよ……

てなわけで、夜中にドライバとアプリケーションを探してダウンロード。
でも綺麗にできてよかったわ。

というわけで、王国図。

oukouzu

4巻の巻末か前に折り込みで入る予定。
おおっ!
折り込みなんて、C☆NOVELSみたいでかっこいいじゃん!
どうせC☆NOVELS大賞は、見果てぬ夢だしな!

燎原4スタート。

呑気者読者のためのプロローグと、本編一行。

一応、記録と言うことで。

それにしても、いつまでも熱いのう。


最近の読書(書き忘れたやつ)

個人的な九条菜月フェアーの前に読んでた本を書いてなかった(^^;)

虚像の道化師/東野圭吾

探偵ガリレオの新刊。元の短編に戻って、私はこれで満足さ。
十月にもう一冊出るらしい買わねば。


帝都・闇烏の事件簿1~3/真瀬もと
ベーカー街少年探偵団事件簿1/真瀬もと
レリック・オブ・ドラゴン世界樹の水晶/真瀬もと

駄目だ。
デビュー作のシリーズ物は好きだけど、帝都・闇烏の事件簿で、? となって、
レリック・オブ・ドラゴンシリーズは読むのが苦痛だった。
きっともう、この人の本は、ホームズのパスティーシュ物しか読まないと思う。
この人のBLは避けて読んでるんだけど(BL読まないから)これも超BLだろう……orz
恋愛感情じゃないんだとか連呼して、しかも他に強烈な思い人がいる設定なのに、
どう考えてもやばすぎる関係だよ!
これが主従萌えだというなら、私には主従萌は無理!(断言)

……私の本は……BLに見えないよね?
とか、ちょっと不安になったりして(^^;)

そろそろ海堂尊のバチスタ最終刊まで2冊読まないとなぁ~。

新学期

新学期が始まって、ようやく子供たちが学校と幼稚園にいてくれるぜ!!
よ~し、書くぞ~!!!

……と思ってたのに、下の子が熱を出して今日休み。
大人しくしててほしいのに、熱が低いからwiiをやらせろと泣きわめき、
一生懸命体を動かしてる……

お願い……寝てて……(T_T)


今日読んだ本

ヴァンピーア/九条菜月
ヘクセ(上)/九条菜月
ヘクセ(下)/九条菜月
エルの幻想曲/九条菜月

九条菜月フェアー、個人的に実施中(^_^;)

読みやすい文章で、このジャンルがラノベではなく
ファンタジー小説と呼ばれていた頃の良さを存分に生かした
書き方とおもしろさだと思う。
そうそう、こういうの読みたかったんだよ!
妙に奇をてらうではなく、言動の怪しい美少女が出てくるんじゃなく、
萌え萌えでもなく、正当派の謎解き近代ファンタジー。

これでオルデンベルク探偵事務所シリーズは全部読んじゃったから、
次のシリーズを買って片付けるか!

……と思ったけど、これから冬コミまで原稿とイベントが盛りだくさんだから、
何とか冬コミの原稿を11月に成るまでに仕上げないとならないから、いったん読書は中止。

注文してある真瀬もとのシリーズもの最終刊が届いたから、それを読んだら原稿に取りかかろう。

思案中~。

C☆NOVELS大賞に作品を送ってから、九条菜月さんのヴェアヴォルフを読んで落ち込む。
おいらの作品は、ダメダメさ……orz

それにしても面白かったよ。
今まで何で読まなかったんだろうなぁ。
続きも読もうっと。

……って、こんなに面白いもんがあるんだから、無理に作家になろうとか思わなくても、いいんじゃねぇ……?

とか考え出すと、書く気が

でも冬コミまでは時間がないんで、燎原だけは進めてます。
今軽いプロットと戦略をたてたから、ようやく書き始められそう。
戦略を立てて、それを元にミリタリに詳しい船橋氏に
『こんな戦略を立てたんだが、戦えるだろうか?』
とお伺いを立ててみるのが、呑気者シリーズとちがうところ。

でもって、あのシーンを書きたいし、あの戦いも……。
う~ん、一冊に収まるのか
とにかく11月中には燎原を上げて、初挑戦の児童文学を書くかな。
頑張ろうっと。
プロフィール

さかもとまさのり

Author:さかもとまさのり
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる