燎原の覇者の連載を始めました(^^)/

燎原8巻の第二稿が完成! 8ページ増えて248ページとなりました。
第三稿は七月末に仕上げる予定なので、そこで何ページになるか。
まだまだ先が読めません。

それにしてもリッツ(燎原)がリッツ(呑気者)になってきたなぁ……。
同時にエドワードがとってもリッツを好きなことが判明。
まあ、呑気者シリーズを書いてる時も、そうなんじゃ無いかと思ってたけど、
本当にエドワードはリッツが大切なんだなぁと。

それに比べてなんと周りを見られないリッツ!
だからああなるんだよ!
(呑気者シリーズを読んでる方だけしか分からないネタですみません)

まあそんなこんなでついに八巻な訳ですが、
物語は急展開です。
そしてあと二冊で決着が本当に付きそうです。
予告通り、全10巻になりそうで、少しホッとしてます。

番外編の短編を書くかどうかが問題ですけどね!
書くとしたらきっと、内戦の始まる前のリッツとエドワードの
間抜けな相棒物の冒険譚だったり、
エドワードとウォルターが組んで戦うことになる
『ランディア攻略戦』だったり、
傭兵リッツが傭兵隊長リッツになるまでの話だろうなぁ……。
でもその二本書きたくない気が。
リッツとエドが馬鹿やっているのが書きたいんだい!
巻が多くなるほど二人の関係が重くなるから!

それはまあさておき、『小説家になろう』サイトで、
ついに燎原の覇者の連載を始めました!
同人誌版とほとんど変わりませんが、
誤字脱字を直す(それでも直ってないけど!)、
視点の間違いを直すなど、ちょこちょこいじってはいます。
同人誌版もまだ刊行中なので更新ペースはとっても遅いですが、
よろしければ読んでみてくださいませ。

それにしてもカクヨム使いにくい!
やっぱり全部なろうサイトでいいかなと思い始めた今日この頃。

あ~、早く屍者の帝国のアニメみたいなぁ~。
ついつい原作を読み返しちまったい。
スポンサーサイト

なろうサイト、更新しました!

夏コミからまたすらっと放置していて済みませんm(_ _)m

小説家になろうサイトにアップしていた『呑気な冒険者シリーズ』の
本編が、ようやく完結です(あとおまけ小説が三回分ありますが(^^;))

これで……もう同人誌の再版をやめてもいいのかな……。
う~む。
とりあえず、無くなるまでは置くことにします(^^;)

そんなわけで引き続き……番外編の短編をアップすることにしました!
同人誌で言うと
『番外編1・長い旅路の果てに』『番外編2・名残の雪』です。
番外編1巻をお持ちの方はご存じの通り、ちょっとネットでアップするには
18禁っぽいのは、なろうではがっつり変えてます。
というかカットしてます(苦笑)
それに、ネット限定公開だった『黎明館へようこそ!』もアップする予定です。

それから、散々ここで落ち込んでたC☆NOVELS大賞応募作もアップしましたよ~。
個人的にはとても気に入っているので、楽しんでいただけると嬉しいです。
それから、『HUMAN’ーヒトではない君へ―』も、ハヤカワSFコンテストで、
二次選考落ちしたので復活させようかなと画策中。
『小説家になろう』サイトもよろしくお願いします。



明日、夏コミですね!

すみません!
まるっと放置してました!!!
ハンドメイドイベント、空手、パート、
つむつむ、サモンズボードと、忙しくてついつい(ゲームしてるし!)
ネット上に、新刊の試し読みをアップしました!
読んでみてくださいませ(^^)/

燎原の7巻、上がりましたよ! 7月の20日に上がりました!!
燎原の覇者7『燎原の烈風』です!
本当は燎原の覇者と入れたかったんだけど、まだ勝ちきってないので(^^;)

足かけ……何ヶ月だったんだろう……。
合計290ページぐらいあるので、満足していただけるかと……。
といっても戦記を期待しないでください、ごめんなさいな感じですが(^^;)

それからそれから、第三回ハヤカワSFコンテストに応募していた作品が、
一次選考に通り、二次選考に落ちました。
つまりまた一次止まりというわけです。とほほ。

それからもう一冊の新刊は、第11回C☆NOVELS大賞最終選考落ちの
『月夜烏の舞う宵は』
になります。
最終選考選考座談会で、ネット上で言われていた問題箇所を修正しました。
応募作よりも、ちょっとましになってるぞ(たぶん)

というわけで、もうコミケは明日ですが、体調不良を押して頑張って参加します。
東ホール ぺー36aです。
遊びに来てくださいね~!!!

新しい連載を始めました。

いつもご無沙汰なさかもとです。どうもこんにちは。
ええっと『小説家になろう』で連載している呑気な冒険者シリーズが、5巻に突入です。

同人誌版を買ってくださっている方も、あちこちに手を入れているから楽しめる内容だと思います。
っていうか、ごめんなさい。最初に決定版出して無くて……orz
暇つぶしにでも、読んでくださいませ。
携帯で病院の待合室なんかで便利ですよ(経験済み。自分の作品じゃ無いけど)

呑気な冒険者たち

それから、まだ同人誌でも出していない、とある賞の落選作を
『小説家になろう』サイトにアップしました。
全13回ぐらいの連載になりそうです。

HUMAN'-ヒトではない君へ-

『小説家になろう』に載せたあらすじを、ちょっくら載せておきますね。

人間の命は、記憶なのか、肉体なのか。
 ヒューマノイドを巡る人々の、希望と狂気の近未来SF。
 人口減少により、人間に近いヒューマノイドの姿をたまに街で見かける近未来の東京で、ある二人の主人公が、ヒューマノイドと人間の奇妙な関係に関わっていく。
 人口減少により、警察の一部業務を引き受けるために国により認可され、一般受け入れられた職業になった探偵業。ある日、谷崎探偵事務所の若手探偵・宮前進の元に、人間の記憶を移植されたヒューマノイドの自殺事件が持ち込まれた。依頼内容は、依頼人の娘の記憶を移植されたヒューマノイドと同じように記憶を持つヒューマノイドを探し、何故自殺をしたのかを探ることだった。引き受けることを迷う進の前に、共に養護施設で育った先輩・小西が現れ、専門職故に事件を助けてくれることになり、進は小西と組んでヒューマノイド探しに取りかかる。
 そしてもう一人の主役・谷月明日美は、従兄のヒューマノイド研究者・福嶋隆に頼まれて、実務機能が壊れた元研究者であり、二人の友である男の記憶を移植されたヒューマノイド・ユウを監視することになる。だがユウと明日美、隆の間には、複雑な感情が絡み合っていた。
 二つの物語が一本の糸に繋がる時、真実が暴かれる。

 ちなみにこの作品は、私が小劇団を立ち上げて上演した1996年の作品を、昨年大幅リニューアルした小説版です。
 といっても内容はまだ若かった当時とがらりと変わっていて、より人の心の中に踏み込んでいく狂気の物語になってます。
 当時、舞台では描ききれなかった歯がゆい感情、あの若い頃の熱さとはまた違い、幼くも苦しい喪失感。
 それをこうして小説にして言いたいことを書き切って、やっとこの作品が完成した気がします。

 とある賞の評価に『リーダビリティはある』と書かれていたので、読みやすくはあるようです。
 それから『後半の盛り上がりに欠ける』ような感じに書かれていたので、思い切り後半を追加したら、何故かかなり残酷なエピソードが増えたり。
 SFなのにちょっとホラーぽいテイストと、旦那に言われたりしていた作品ですが、個人的にはとても気に入っている作品です。

『ファルディナの休日』アップしました(^^)

特別企画室に番外編『ファルディナの休日』をアップしました。

呑気屋本舗 ←こちらの特別企画室からお入りくださいませ。

内容はこんな感じ。

本編終了直後、シアーズへと帰る一行が立ち寄ったのは、ファルディナの街。
年少組が眠りについた後、リッツはエドワードに起こされてファルディナの街で飲むことに。
一歩前を歩くエドワードに着いていくリッツは、不意に以前ファルディナの街であった過去の出来事を思い出す。

リッツが思い出した過去。
それはセクアナのハーマン・メイソン反逆事件直後、ファルディナに寄った時に起きた事件だった。

燎原の覇者6「背徳の功罪」の丁度真ん中に入る番外編。
……というよりも時間が無くて本編に入れられなかったお話。
再販で入れるかどうか迷ってるんだが……どうしよう。

これを入れると、あっさりと50ページほど増えて、いつものページ数になるよ。

そうそう、私の近況を一つ。
ぎっくり腰から、座骨神経痛になりました……orz

でもでも、ようやく今週から立つのに激痛が走らなくなったよ。
体重がここ十四年で20キロ増えてたから、痩せないとこれからもっと酷いことになるみたい。

今年は本気でジムに通わねば~!!!
プロフィール

さかもとまさのり

Author:さかもとまさのり
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる